よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

なんか面白そうだったから←これが志望動機じゃだめ?

こんにちは、よっしーです。

 

ついに始まってしましました、就活。

 

夏のインターンシップに向けES(エントリーシート)を書く毎日です。

 

他の就活生もESには四苦八苦してるはずです。

 

で、多くの就活生が書くのに一番困っているのは自己PRの部分だと思います。

 

まあ確かにそこも書くのは難しいですが、僕がESで一番困っているのは別の部分。

 

そう、志望動機です!

 

ESでも面接でも絶対聞かれるであろうこの部分。僕はめちゃくちゃ困ってます。

 

それはなぜかというと、僕がそこにエントリーした理由は直感が9割以上を占めているから。

 

インターシップサイトの情報を見た瞬間感じる「あっ、なんかこのインターンシップ面白そう!」という直感。言い表すのが難しいほどの熱がこみ上げてくる瞬間。

 

これをESに書くときは400文字近く膨らませないといけない。

 

直感を具体的な言葉に落とし込むってけっこう難しいんですよ。

 

志望動機をなんとか書いてみるもののなんかしっくりこない。インターン情報を見たときに感じた思いはこんなものじゃないはずなのに。

 

書けば書くほどなんか違うという気持ちが膨れ上がっていく。

 

立派な志望動機を書こうとすると表面的なものになってしまう。多くの文字を書けば書くほど思いが薄まっていく気がする。

 

僕の行きたいという気持ちは「面白そう」の一言に込められている。

 

だから「なんか面白そうだったから」という志望動機じゃだめですかね。だめなんでしょうね~(諦め)

 

しょうがない、頑張って志望動機書きますか。とほほ・・・。