よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

「健全な趣味」という言葉にものすごく違和感を感じる

こんにちは。よっしーです。

 

僕は「健全な趣味」という言葉を聞くたびにものすごく違和感を覚えます。

 

スポーツなど一般的にウケのいい趣味を「健全な趣味」。

 

世間一般的には誰にも言えないような趣味を「不健全な趣味」と言ったりしますが、そもそも趣味って他人の目を気にするものなんでしょうか?

 

もちろん人に迷惑をかけるのであれば問題ですが、そうでないならどうして趣味を「健全」「不健全」に分ける必要があるんでしょうか?

 

他人の目を気にして自分の本当に好きなことを好きと言えないのはおかしくないですか?

 

どうして趣味に関して周りの目を気にしなければならないのでしょうか?

 

趣味というのは自分の世界に没頭できるもの。そこに他人の入る余地なんてない。

 

好きなものは好きでいいじゃん。

 

もし自分の趣味について周りの人がとやかく言ったとしても無視でいい。

 

「そんな趣味はやめた方がいいよ」

 

「なにやってんのおまえ?」

 

そんなの余計なお世話だ!そう一蹴してやればいい。

 

自分の趣味については他人の入る余地なんてないのだから。それがたとえ親であっても。恋人であっても。

 

趣味は自分の世界だけで完結するものなのだから。