よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

筋トレ続けてたらごはんがとてもおいしく感じるようになった件

こんにちは。よっしーです。

 

僕が筋トレを続けて早2ヵ月弱になりますが、筋トレをするようになって変わったことがあります。

 

それはごはんをよりおいしく感じるようになったこと。

 

別に味覚障害だったわけではありません。

 

ですが、筋トレを始める前は食事が一種の作業のようになってました。

 

一人暮らしということもあり自炊はめったにせず、だいたい毎週同じメニューの繰り返し。ごはんを一緒に食べるような人もいない。

 

ほんとは食事は楽しいものであるはずなのに、いつの間にか味気ないものになってました。

 

別においしくないというわけでもないけどただ口の中に運んでいるだけ、という状態がずっと続いてました。

 

それが最近はとてもおいしく食事ができるようになってきました。

 

ふとどうしてごはんが急にとてもおいしく感じられるようになったのだろうと考えると、その理由の一つは絶対筋トレだということに思い至りました。

 

すなわち、

 

筋トレする→代謝が上がる→おなかがとても減る→空腹は最高のスパイス!

 

それプラス筋トレをすることによってストレスも少なくなったことでごはんがめっちゃおいしくなったのだと思います。

 

これまでの味気ない食事は一体なんだったんだ・・・?

 

というわけでごはんをおいしく食べたければぜひ筋トレ(運動)しましょう!筋トレすればごはんがおいしくなって健康にもなれてハッピーハッピー(^^)