読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

【書評】 『そして誰もいなくなった』  感想

こんにちは。よっしーです。

 

アガサ・クリスティーの名作『そして誰もいなくなった』読みました。

 

そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)
 

 推理小説の古典ともいえる本書はまさしく名作、傑作と呼ぶにふさわしいものでした。とにかく面白い!一気に最後まで読み切ってしまいました。

 

僕が読書を始めたきっかけが推理小説(タイトルは忘れました)だったので、原点に立ち戻った気分ですね。

簡単なあらすじ

とある孤島に招き寄せられた、互いに面識もなく職業や年齢もばらばらな十人の男女。しかし招待主の姿はそこにはなく、夕食の席上で彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が響く。そして不気味な童謡の歌詞通りに彼らは一人ずつ殺されてゆく・・・。

登場人物は整理しておこう

登場人物が結構多いので、整理しとかないと途中で「こいつ誰だったっけ?」となるかもしれません。導入部はきちんと読んでおくことをおすすめします。

 

横文字の名前が多いとほんと厄介ですよね・・・。覚えにくいし途中でごちゃごちゃしてくるし。似たような名前もたくさんありますしね。海外文学を読むときの悩みの種です。

あっさりと死んでいく犠牲者たち

詳しい内容はネタバレになるので書きませんが、本当にあっさりと次々に死んでいきます。もう清々しいくらいに。

 

そのおかげでテンポよく読めましたが、登場人物に感情移入しにくいのはやや欠点かな。誰かが殺されても「あ、死んだ」くらいの感想しか出てこないのはちょっと寂しい(というか怖い)。

読者を飽きさせない巧みな構成

しかしながら読者を退屈させることのない巧みな構成はさすがアガサ・クリスティーといったところ。

 

次々と読者に襲い掛かるサスペンスに満ちた展開は圧巻の一言。

 

一度読み始めれば思わず最後まで読み進めていってしまうこと間違いなしです!

 

そして誰もいなくなった』は完成された芸術作品

ちょっとおおげさかもしれませんが、僕がこの本を読み終えて一番最初に抱いた印象はこれでした。

 

全く無駄のない描写、構成の巧みさ、どれをとってもすごいとしか言いようがなく、見る人によっては美しささえ感じてしまうでしょう(美しいは大げさかな)。

 

本書に興味を持たれた方はぜひ読んでみてください!