よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

大学でぼっちなら図書館に行けばいいじゃない

こんにちは。よっしーです。

 

僕は元来人見知りということもあり、大学入学当初は友達が一人もできませんでした。

 

教室移動もひとり、ごはんもひとり、というように大学内では常に一匹狼でした。一匹狼というと聞こえはいいですが、要するにただのボッチ。

 

僕は基本ひとりでもわりと平気な方だったのであまり問題なかったのですが(別に強がってなんていないんだからね!)、これ一般の大学生にとっては地獄ですよね。今思うとよく大学生活やってこれたなと思います。

 

さてそんな僕でしたが、いつも一人で良かったなーと思えることがひとつあります。それは図書館にしょっちゅう足を運べたこと

 

友達と一緒だとなかなか図書館行こーぜとはならないじゃないですか。その点僕はいつもひとりだったのでよく図書館に行ってました。もはや図書館が友達だったといっても過言ではないです。

 

図書館はほんとすごい施設ですよ!よくよく考えてみてください。

  • 新聞がタダで読める(しかも複数紙)
  • ネットも使える
  • 普通に買うなら何千円もする専門書の類もタダで読める
  • あらゆるジャンルの本がタダで読める
  • 勉強するのに最適な環境

などなど。

 

こんな充実した施設を活用しないなんてほんともったいない!

 

なのでもしぼっちなら、ラッキーと思って図書館に行きまくりましょう。最近は本を読む学生が減ってきているので、その分周りと差をつけることができます。

 

つまり、

 

一人でいることが多い→図書館に行ける回数が増える→周りよりも多く本が読める→周りと差がつく

 

となりぼっちを逆にアドバンテージにできます。

 

周りよりもある意味充実した学生生活過ごせること間違いなし!