よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。そこに理由は必要ないと思う

こんにちは。よっしーです。

 

誰かが「〇〇が好き(嫌い)」と言うと大抵その理由をこんな風に聞かれますよね。

 

「へー、そうなんだ。どうして〇〇が好き(嫌い)なの?」

 

正直言ってこの質問非常に答えづらいですよね。

 

いや、どうしてって聞かれても好きなものは好き(嫌いなものは嫌い)としか言いようがないじゃん・・・。

 

理由を言うとしてもなんか上手く言えずもやっとなりがちですし。

 

どうしてその理由をわざわざ説明しないといけないんですかね?

 

人それぞれ感性が違うんだから万人が納得するような理由なんて言えるわけがないんですよ。

 

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いでいい。そこに理由は必要ありません。

 

好き嫌いなんて基本直観ですしね。

 

むしろわざわざ理由がなければいけないんだとしたらそれは本当の好き嫌いではないです。

 

「〇〇が好き(嫌い)」という話題のときは、別にわざわざその理由を聞く必要はないし言う義務もありません。

 

とは言ってもその理由を話したい!という人も中にはいると思います。

 

なので人に好き嫌いを聞くときは、どちらなのかを聞くだけに留めておいて、その理由については話したければどうぞというスタンスでいいんじゃないかな。