読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

やる気が起きない時はとにかく何も考えずやり始めよう

こんにちは。よっしーです。

 

しなくちゃいけないことがあるけどやる気が全く出ない・・・。

 

こういうことよくありますよね。

 

僕もしょっちゅうあります。レポートとか試験勉強とか全くやる気が起きないです。あと自分からやる分には楽しいことでも義務感が生じると途端にやる気がなくなるのはなんででしょうかね。不思議だなー。

 

まあそれはさておき、やらなきゃいけないけどやる気が出ない、そんなときどうするのが一番いいのか?

 

身もふたもない言い方になりますが、つべこべ言わずさっさとやれ、の一言に尽きます。

 

いや、やろうとしてもそのためのやる気が出ないことが問題なんだよ!

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

ですがはっきり言います。

 

やる気があるかないかなんて考えるだけ無駄です。

 

なにかをやり始めるのにやる気なんて必要ないです。

 

むしろやる気とかやる理由とか考え始めると間違いなくやらない方向へと思考は向かっていきます。人は基本的にめんどくさがり屋なので。

 

そういったことを考えず無心でやり始めるとやる気のあるなしなんていつの間にかどこかに吹き飛んでいます。

 

心理学用語で「作業興奮」というんですが、不思議なことにやる気がなかったことでもとにかくやり始めてみるといつの間にか興が乗ってくるんですよね。気付けば何時間もやっていた、なんてことも。

 

やり始めるまでが一番ハードルが高いといわれています。その段階でやる気の有無なんて余計なことは考えない方がいいです。何かをするのにやる気は全く関係ありません。とにかくやり始めることが大切です。

 

・・・といってもそのやり始めの一歩を踏み出すのがなかなか難しいんですけどね。余計なことは考えないようにしたい。無心無心。