よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

心に余裕がなくなって幸せそうなカップルに憎しみを抱いた話

こんにちは。よっしーです。

 

クリスマスが近づいているということもあり、最近よくカップルを見かけるようになってきました。で、昨日も買い物帰りにカップルを見たんですが、そのとき今までの自分なら思いもしなかった感情が。それは怒り、嫉妬、悲しみ、それらがごちゃまぜになったような醜い感情

 

以前は幸せそうなカップルを見ても「楽しそうだな」「そのままお幸せに」と温かい目でいられました。

 

まあまったく嫉妬しないといえば嘘になるけど、別にそこまで気にしていなかった。二人が幸せそうなんだからそれでいいじゃん、くらいの考え。むしろ幸せそうなカップルを見るとこっちまで暖かい気持ちになった。応援してやりたくなった。この幸せが続くことを願った。

 

こんなことを書くと「嘘つくなよ。ほんとは別れることを願ってるんだろ。聖人君子ぶろうとするな!」と言われそうだけど、別に僕は聖人君子になったつもりはないし、嘘もついてない。ただ心に余裕があっただけ。

 

でも最近は将来のことや今に対する不安、忙しさ、そういったものが積み重なって心の余裕がなくなってきている。だから昨日、幸せそうなカップルを見て憎しみに似た感情を抱いたのだと思う。

 

よく自分より幸せそうな人を見ると怒りや憎しみ、嫉妬といった負の感情を抱く人がいる。以前はそのことに対して「他人を羨んだってそれで何か変わるわけじゃないのに、むしろみじめになるだけなのに、どうしてそんな感情を抱くんだろう。」と不思議に思っていたけど、今なら分かる。彼らは心に余裕がないんだ。余裕がないからこそ自分より幸せな人がいるということを認められない。受け入れられない。

 

心に余裕がなくなると自分のことだけで精一杯になる。人を思いやることができなくなる。イライラして他人に不満をぶつけたくなる。いいことなんて何一つない。

 

「心」を「亡くす」と書いて「忙しい」とはよくいったものです。昨日の出来事により最近忙しくて心の余裕を「亡くして」きている自分に気づくことができました。昨日のカップルに感謝ですね(笑)以前の心の余裕を早く取り戻したい。