よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

そろそろ読んだ本についてアウトプットをしていきたいと思い始めた

こんにちは。よっしーです。

 

そろそろブログを始めて1ヵ月になります。

 

僕はそこで大変なことに気が付きました。それは読書好きと公言しているくせに書評系の記事が数えることしかないこと。これだと「あれ、この人はほんとに本を読むのが好きなのかな?」と問いたくもなると思います。

  

いや、本当に読書は好きなんですよ!新しい知識とか考え方とかそういうのを学ぶのはとても楽しい。小説は僕を非日常へと誘ってくれる。わくわくする。読書は僕にとって最高の娯楽だ。

 

いつも一人で他にすることがなかった、ていうのもあるけど暇さえあればいつも本を手にしていました。僕が割と一人でも平気なのも本のおかげ。もし本がなかったら僕は暇すぎて死ぬ。もしくは一日中パソコンばかりいじってネット依存症になっていたかもしれない。

 

いろいろ語ったけど僕はそれくらい読書が好きです。ですが最近こうも思うようになりました。もしかして僕は「本を読む」というその行為だけで満足しているのではないか?と。

 

要するに、本を読むこと自体に満足してしまってそこで学んだことを十分に生かせていない。本を読んだ。楽しかった(もしくは新しい知識を得た)。そこでいつも終わってしまってるんじゃないか、というわけです。

 

僕はこれまで本を読んでもインプットばかりで全然アウトプットしてきませんでした。なので意外と本で読んだことが自分の血肉になっていない。ただ読書を楽しむだけならそれでもいいのかもしれないけど、やはりそこで学んだことを生かして初めて読書は意味のあるものになります。

 

読書をただの自己満足で終わらすのではなく、実際に自分の血肉にする。そのためには読んだ本の内容についてアウトプットするのが一番です。なぜなら、アウトプットするためにはその本の内容をきちんと理解し、自分の言葉で説明できるようにする必要があるからです。

 

このブログは日々思いついたこととか考えたことについて発信することが主な目的なので書評にこだわる必要はないですが、やはりブログは本を読んで学んだことをアウトプットする絶好の機会でもあります。その機会をみすみす見逃すのはもったいない。

 

なのでこれからは書評系の記事もどんどん増やしていきたいなー、と思います。では今日はこの辺で。