読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

【7つの習慣】まずは人のことより自分のこと。インサイド・アウトという考え方

こんにちは。よっしーです。

 

皆さんは『7つの習慣』という本をご存知ですか?

 

米国の作家スティーブン・R・コヴィーによって書かれ1996年に出版されたビジネス書(自己啓発に分類されることも)で、世界中でベストセラーとなっています。

 

本書で書かれている7つの習慣を理解するためには、「インサイド・アウト」という考え方を理解しておく必要があります。今日はその考えがどういうものかまとめてみました。 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

 そもそも7つの習慣ってなに?

 

コヴィー博士の提唱する「7つの習慣」は以下の通りです。

 

第1の習慣 主体的である

第2の習慣 終わりを思い描くことから始める

第3の習慣 最優先事項を優先する

第4の習慣 Win-Winを考える

第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される

第6の習慣 シナジーを創り出す

第7の習慣 刃を研ぐ

 

これらを見ただけではなんのことかさっぱりですよね。先ほど述べたように、これらを理解するためにはまず「インサイド・アウト(内から外へ)」の考え方を理解しておく必要があります。

インサイド・アウトとは

 

「インサイド・アウト」についてコヴィー博士は以下のように述べています。

 

インサイド・アウトとは、一言で言えば、自分自身の内面から始めるという意味である。内面のもっとも奥深くにあるパラダイム、人格、動機を見つけることから始めるのである。

 

                  『 完訳 7つの習慣人格主義の回復』より抜粋

 

パラダイムとは支配的なものの見方のことです。

 

要するに、インサイド・アウトとはまずは自分自身のものの見方、人格、動機を見つめ直すことから始めましょうという考え方です。

外に理由を求めても基本無意味

 僕たちは何か不満があるとき、外(自分以外)にその理由を求めがちですよね。

 

「私がこんな性格になったのは親や環境のせいだ。」

「自分が今こんなに苦しんでいるのは周りが悪いんだ。おれのせいじゃない!」

 

こんな感じに。人間は弱い生き物だから楽な方に逃げがち。実際自分で責任を持つよりも他人に責任を擦り付ける方がはるかに簡単。僕も昔は嫌なことがあるとすぐ他者のせいにしてました。その方が楽だから。

 

でもこれだと何も変わらないんですね。自分以外を変えようとするのって基本的に難しい。しかも周りが変わるのを待っているだけじゃどうしようもないことが多い。結局他者に理由を求めるなんて無意味もいいところです。

 

そうではなく、まず自分を変えることによって他者を変えていく、というのがインサイド・アウトの基本的な考え方です。

まとめ

基本的に、周りのことは自分の力だけではどうしようもないことが多いです。自分の影響力が届かないことについてはいくら努力したところで無駄に終わります。あなたがいくら「あの人(会社、周りの環境など)が変わってくれれば私も変われるのに」と嘆いたところで状況は変わりません。

 

現状に不満があるのなら、他者を変えようとするのではなく、まずは自分自身について見つめ直してみてはいかがでしょうか。偏ったものの見方をしてないか、人格が未熟ではないか、などなど、反省すべき点がいろいろ出てくるはずです。

 

こんな偉そうなことを言ってますが、僕もまだまだこの考え方が身に付いてないな、と思うときがたくさんあります。他者のせいにしたくなるときもたくさんあります。インサイド・アウトの生き方はとても難しい。それは自分の至らなさ、未熟さを日々見つめ直す行為に他ならないから。けれどもそこから逃げ出すのではこれまでと変わらない。この考え方を自分のものにできるよう精進していきたい。