よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

「寝てない自慢」て何がカッコいいのだろうか?どう考えても「ちゃんと寝てる自慢」の方がカッコいい

こんにちは。よっしーです。

世の中には自慢話をする人って結構いますよね。

金持ち自慢だったり、学歴自慢だったり。

喋っている方は楽しいかもしれませんが、聞かされる方はたまったもんじゃない。

僕も友達に自慢話されたときとかは早く終わらないかなーと思いながら適当に相槌を打ってやり過ごしてます。

 

聞くところによると、そういう人は「誰かに認めてもらいたい」と思っているそうです。

なので、そのことを知ってからは自慢話をされるたびに「ああ、この人は自分を認めてもらいたいんだな」と思い生暖かい目で見ています。

ですが、どうしても分からない自慢がひとつだけ。

それは寝てない自慢。

いや、なんで寝ないことがステータスになるのでしょうか?

たぶん「俺は寝る暇がないほど頑張ってる(忙しい)んだぜ~。どうだ、俺ってすごいだろ!」

て感じなんでしょうね。

もしくは「俺は何日もの徹夜に耐えられる強靭な肉体、体力を持っているんだ!」

ということをアピールしたいのだと思います。

でも、それを聞かされて

この人すごい!自分もこんな人間になりたい!

て思う人がいるのでしょうか?

少なくとも僕はなりたくないですね。

僕は基本的には夜の12時前には寝るよう心がけてます。

寝ないと翌日がもたない、というのももちろんあるんですが、なによりも

眠い中で作業しても効率が悪すぎる

というのが一番の理由です。

勉強にしろ仕事にしろ寝ぼけ眼をこすりながらやっても捗るはずがないです。

僕も実際大学受験のとき、その日の予定の勉強が終わらず夜中すぎまでせざるを得ない時があったんですが、

まあ~進まないこと進まないこと(笑)

いつもなら20分以内に解ける問題も倍以上かかりしかも間違えるという(泣)。

これ以上しても意味ないなと思い結局すぐ寝ました。

で、翌朝ちょっと早めに起きてしたら昨日のことがうそみたいにスラスラ解けました。

やっぱり睡眠は大事だね!

あとこれは偏見かもしれないですが、たいていそういう自慢する人って普段の作業効率が悪くないですか?

僕の経験でいうと、テスト前に「俺ほとんど寝ないでテスト勉強頑張ったぜ!」ていう人はテスト3日前まで(ひどいときには前日まで)テスト勉強全然してなかったという人がほとんどでした。

まあ普段からきちんと準備をしていれば徹夜する必要ないですからね。

僕はまだ会社で働いたことがないので社会人の方がどうかは分からないですが、睡眠時間を削ってまで仕事しないと終わらないってことはよほど量が多いか作業効率がとてつもなく悪いかのどちらかなんじゃないかと思います。

まとめ

結局のところ、寝てない自慢をする人って

私は睡眠時間を削らなければ仕事を終わらせることのできない人間です

て言ってるようなものだと僕は思います。

もちろん、仕事が終わらないという理由ではなくたくさんの仕事をこなすために睡眠時間を削っている人も中にはいるかもしれません。

でも、本当に忙しい人ならわざわざそのことを自慢したりはしないですよね。

そんな暇があったら仕事していると思います。

自慢話は極力しないほうがいいですが、もしするのであれば「寝てない自慢」よりも「ちゃんと寝てる自慢」の方をおすすめします。

十分な睡眠時間が取れない人が増えている中、それでもちゃんと睡眠時間を取れている人ってそれだけでかっこいいしすごいと思います。健康にもいいしね!