よっしーの徒然なるままに

日ごろ考えていることなど思いつくままに発信するブログです

【書評】 『言葉にできるは武器になる』言葉を磨くための思考プロセスを紹介する

こんにちは。よっしーです。

 

最近新聞の広告でよく見かけるこの本を読みました。

 

「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。

 

 

この本を読めば、電通のコピーライターである著者がどのようにして思考を深め、多くの人の心に響く言葉を生み出しているのかについて知ることができます。

 

僕自身自分の気持ちを言葉にすることがほんと苦手で、本当に伝えたいことが相手にまったく伝わらないこともしょっちゅうです。

 

この本はそんな人におすすめです。

 

今日はこの本を読んで学んだことをまとめようと思います。

「内なる言葉」に目を向ける

この本で何度も出てくるキーワードが「内なる言葉」です。

 

分かりやすく言うと、なにか考えたり感じたりするときに頭に浮かぶ言葉です。

 

この「内なる言葉」を意識することが言葉を磨く上で重要になってきます。

内なる言葉を軸に思考を整理するプロセス

①漠然とした思考を内なる言葉として意識する。

②内なる言葉を書き出す(要するにアウトプットする)。

③内なる言葉を軸に考えを深めていく。

 

本書で紹介されている思考プロセスの一連の流れはざっとこんな感じです。

 

頭に浮かんだ言葉を書き出すやり方として、本書ではA4の1枚紙にどんどん書いていく方法が紹介されてます。

 

個人的にはA4用紙1枚に対し言葉が1つだけというのは紙がもったいなく感じるので(貧乏性かな?)、そういう人は1枚に4つずつといった形でもいいと思います。とにかく大きな字でリズムよくどんどん書いていくというのが大事!

 

そして書き出した「内なる言葉」を分類したり、それらに対しなぜ?といった疑問を投げかけたりして考えを深めていきます。

まとめ

物事を考える際に頭の中で使っている「内なる言葉」を意識し、書き出すことによって可視化し整理していく、というのが本書で紹介されている基本的な思考プロセスの流れです。

 

無意識に頭に浮かぶ言葉を言語化するのは結構大変。それを助けるのが紙に書き出すという行為ですね。

 

とにかく頭に浮かんできた言葉を意識しつつどんどん紙に書き出していく。書き出した言葉を軸に考えを深めていく。そうすることで言葉を磨くことができるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集中力がない人におすすめの方法「ポモドーロ・テクニック」とは?

こんにちは。よっしーです。

 

集中力がどうしても続かない・・・。どうしたら集中力が付くんだろうか?

 

そんな悩みを持っている人は多いと思います。

 

今日はそんな人におすすめのテクニックを紹介します。

その名も「ポモドーロ・テクニック」

名前だけを聞いてもちんぷんかんぷんだと思いますが、やり方はとってもシンプル!

 

25分間ひとつのことに集中して5分間休憩する。

 

これを繰り返すだけです。

 

25分が長ければ15分でもO.K.!

 

とにかく短時間の集中を繰り返すことがポイントです。

短時間だと集中力が増す

これは心理学用語で「締め切り効果」「デッドライン効果」と呼ばれるものです。

 

制限時間が決まっているとより集中してできます。

 

このことは試験直前とかレポートの締め切り前などを想像してもらえると

分かりやすいと思います。

25分間はひとつのことだけに集中する

あれもこれもやろうとするとその分集中力は散漫になります。

 

これをやる、と決めたらそれだけに一点集中する。

 

その間は他のことは考えないようにしましょう。

まとめ

短時間の集中を繰り返す。

 

「ポモドーロ・テクニック」はこれだけのとってもシンプルな方法です。特別な道具も必要ありません。

 

集中力がないことに悩んでいる人はぜひ実践してみてください。

 

 

 

読書はアウトプットしなければ意味がないんだと思う

こんにちは。よっしーです。

 

僕はこれまで多くの本を読んできました。

 

心理学、経済学、ビジネス書、自己啓発書・・・などなどジャンルを問わず気になった本を片っ端から読んできました。

 

けれども最近こんな疑問が湧き上がってきました。

 

僕自身は本を読んだことでなにか変わっただろうか?

 

答えは否。

 

多くの知識は得られたけれど、ただそれだけ。

 

それらを実生活にはほとんど生かせていないということに気が付きました。

 

つまるところ、読んだだけで満足してしまっていました。

 

結局僕のこれまでの読書人生はただの自己満足だったのだろうか。もちろん無駄ではなかっただろうけど、読んだことを自分の血肉にできていないのならその効果は半減したも同然だろう。いや、半減どころじゃないかもしれない。

 

読んだことを自分の血肉にするためには、書かれてあることを実践してみたり、書いてあることに対して自分の頭で考えてみたりする必要がある。すなわちアウトプットすることが必要だ。

 

僕はこれまでインプットばかりをしてきた。けれどもそれだけじゃほとんど変わらなかった。

 

読んだだけで満足しちゃいけない。このことを肝に銘じておきたい。

 

入試本番直前に新しい問題は解くな!

f:id:uyossy:20170123121656j:plain

こんにちは。よっしーです。

 

もう1月の下旬ですね。

 

受験生は入試本番に向けてラストスパートをきっていることだと思います。

 

今日はそんな受験生に向けてちょっとしたアドバイスを送りたい。少しでも参考にしていただけたら幸いです。

続きを読む

死んだらどうなるだろう?ということについて考えてみる

こんにちは、よっしーです。

 

突然ですが、みなさんは「死」について考えたことはありますか?

 

僕はこれまで何度も考えてきました。

 

「死」について考えるのはちょっと早すぎる?でもいつその瞬間が訪れるのかは誰にも分からない以上早すぎるなんてことはないと思う。

 

もしかしたら今日かもしれないし、明日かもしれない。

 

だから今のうちに「死」に対する考えをまとめておこうと思う。

死んだら天国にいくのか?

天国って本当に存在するのだろうか。

 

そもそも死後の世界なんてあるのだろうか。

 

あったらいいなとは思うけど、その存在は死なない限り分からない。死んだ後にこの世に戻ってくるのは不可能だからそれを立証することもできない。

 

もしあの世の存在が立証されたなら、みんな安心して死ねるだろう。

 

なければ僕の魂はどこに行くのだろうか。そもそも魂自体存在するのだろうかとも思うけど、それを考えるとややこしくなるから今は追及しないでおこう。

人間に生まれ変わる?

すなわち輪廻転生という考え方。

 

死んであの世にいった魂がこの世に何度も生まれ変わってくること。

 

もし人として生まれ変われるのであれば、来世は美少女になってみたい。

 

でも神様ってきまぐれだから(神がもし存在するとしたなら)、きっと思い通りにはいかないだろう。そもそも人として生まれ変われる保証はない。もしかしたら畜生として生まれ変わりただ喰われる運命なのかもしれない。

 

もし輪廻転生があるのなら、人間に生まれ変わることを願いたい。

眠っている状態が永遠に続く

すなわちベッドに入って翌朝目覚めるまでの無意識の時間が永遠に続く。

 

文字通り永眠。

 

これが多くの人にとってもっとも恐ろしい「死」の形じゃないかな。

 

もしあの世にいけるなら、再びこの世に生まれ変われるなら、まだ希望はある。けれどこの「死」の形は絶望しかない。

 

意識のない状態が永遠に続く。想像するだに恐ろしい。

最後に

死ぬということについていろいろ書いてみましたが、まだまだ「死」に対する理解、考えが浅いなあというのが正直なところです。

 

今回書けたのは死んだらどうなるのかという予想だけだしね。この他にも死に対する考えはいろいろあるでしょう。

 

「死」はすべての人に必ず訪れるもの。この先も何度も考えることがあるかと思います。

 

その都度「死」に対する理解を深めていけたら、自分なりの答えをみつけていけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『堀江貴文 人生を変える言葉』 感想

こんにちは。よっしーです。

 

堀江貴文 人生を変える言葉』読みました。

 

この本は、まさしくタイトル通り、ホリエモンこと堀江貴文さんの人生を変える言葉をまとめたものです。全部で207もあります。

 

今日はその中で僕が特に印象深かった言葉を3つ紹介しようと思います。

考えてすぎてしまう人はいつもチャンスを逃す

この言葉、僕にはものすごくグサっときました。

 

なぜかというと、僕はまさしく考えすぎてしまう人だったからです。

 

気になる人がいても「きもいと思われたらどうしよう」「無視されたらどうしよう」と身構えてしまい、結局食事に誘う・・・どころか友達にすらなれなかったことが何度あったことか。メールを送ろうとしてその前にいろいろ考えてしまい、結局送らなかったことも何度もありました。

 

これまでの人生を振り返ってみると、恋愛に限らず、僕はこれまで考えすぎたせいでいくつもチャンスを逃してきたのかもしれないと思う場面がたくさんある。今後は考えすぎてしまうことでチャンスを逃してしまうのは避けたいところです。

働くこと=「我慢すること」ではない

 

 あなたは今、働くことを「何かを我慢すること」だと思っていないだろうか?

 そして給料のことを「我慢と引き替えに受け取る取る対価」だと思っていないだろうか?

 もしそうだとしたら人生はねずみ色だ。我慢に我慢を重ね、耐え忍んだ対価としてお金を受け取っているのだから。仕事を嫌いになり、お金を色めがねで見てしまうのも当然だろう。人生の中で、仕事はもっとも多くの時間を投じるものの一つだ。そこを我慢の時間にしてしまうのは、どう考えても間違っている。

 

 

 

               『堀江貴文 人生を変える言葉』より引用(原文ママ

 

結構このように考えている人って多いと思います。仕事は基本的に生活のためにするもの。辛い仕事を我慢してやり、その対価としてお金を得ることができるのだと。

 

でもそうではないんだと堀江さんはいいます。確かに人生の大半である仕事を我慢の時間にしてしまうのは非常にもったいないですよね。どうせなら有意義なものにしたいです。僕も将来働くときはその仕事を我慢の時間にしないように気をつけたい。そうしないと僕の人生は灰色になってしまうから。

忙しくなれ

非常にシンプルで力強い一言です。

 

なぜ堀江さんはこのように言うのかというと、それは不安にならないため。忙しくなれば不安を感じる暇もなくなり、結果として不安はなくなります。

 

不安な気持ちが起きるのは暇な時間があるから。

 

確かに暇な時ってついついネガティブになりがち。嫌なことがあったらそのことについて延々と考えてしまう。

 

そうする暇がないほど忙しくすることが不安に対する一番の解決策。

 

なるほどなと思いました。

最後に

今回紹介したのは207もある言葉のうちのたった3つです。

 

ほかの言葉も気になる人はぜひ買って読んでみてください。読んだだけでは人生は変わりませんが、変えるきっかけにはなるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗するたびに落ち込んでもしょうがない、という当たり前のことに気付いたら楽になった

こんにちは。よっしーです。

 

僕は昔からなにか失敗するたびにいちいち落ち込むタイプでした。

 

なにかミスをすればすぐさま一人反省会。どうしてあのときこうしてしまったんだろう、こんなことしてしまったのだろう。なぜこんなことに気付けなかった?

 

そんな考えが頭にぐるぐる回り続け、気づけば頭の中はネガティブ思考で一杯になる。

 

死にたい。もうここから逃げ出したい。僕はなにをやっても駄目な人間だ...。

 

そんな言葉が次々に思い浮かぶ。自分を責める。考えれば考えるほどネガティブスパイラルにはまっていく。

 

こんなことがしょっちゅうでした。

 

最近の話では、卒業研究を進めるたびに失敗ばかりし、そのたびに落ち込み、自分を責めてばかりいました。

 

そんなことを何度も繰り返せば精神はだんだん削り取られていく。

 

それが限界に達したのだろうか、大学に行く気がまったく起こらなくなっていました。むしろ嫌で嫌でたまらない。

 

もう大学に行きたくない。研究したくない。でも行かなければ卒業できない。卒業できなかったらどうなる?将来はどうなってしまうんだろう。ニートになってしまうんだろうか。

 

行かなければならない、行きたくない、その相反する気持ちがせめぎ合い、僕の心はパンク寸前でした。

 

しかし、心が限界に達したとき、なぜかふと楽になりました。

 

もうどうにでもなれと思うようになったからかもしれない。悩んでいるのが馬鹿らしくなってきたからかもしれない。

 

けれども、一番は「失敗するたびにいちいち落ち込んでもしょうがない」という当たり前のことに気付いたからだと思います。

 

落ち込みすぎて落ち込むことにも疲れ、落ち込むことを止めたとき、ものすごく気持ちが楽になった。

 

思い返せば、今まで落ち込んだことで事態が好転したことなんてなかった。落ち込み続けてもなにも変わらない。ただネガティブな思考に支配されるだけ。いいことなんて何一つない。百害あって一利なし。

 

失敗するのなんて当たり前、そのたびに落ち込んでたらきりがない。

 

それらのことを心に留めておこう。うじうじ悩むことを少なくしていこう。そう思った。